視覚障害の方がパソコンを使うには

視覚障害の方は、画面読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用してパソコンを使用します。
ログイン画面やツールバー、デスクトップアイコンの名前、使用するアプリケーションの中のメニューやテキストなど、パソコンを起動して終了するまでの動作の大半を読み上げてくれるので、視覚障害の方が一人で使用出来るようになっています。(アプリケーションで読み上げられない物がある、セーフティ画面は読み上げがされないなど、完全ではないのですが、それはまた別の時に書きたいと思います。)

スクリーンリーダーにはいくつかの種類があります。中には、無料で使用出来るスクリーンリーダーもあります。NVDAというスクリーンリーダーです。今回は、NVDAについて概要を書きたいと思います。

NVDAは、Non Visual Desktop Accessの頭文字を取ったもので、直訳すると、デスクトップPCに視覚的方法を用いずにアクセスする手段、という感じになると思います。
オーストラリアの全盲のお二人、Michael Curran 氏とJames Teh 氏が、視覚障害者が晴眼者(目の見える人)と同じコストで、平等にパソコンを使えるようにと、開発して無料で配布しています。彼らがNV Accessという非営利団体を立ち上げて運営するという形で、開発・バージョンアップが続けられているそうです。
オーストラリアで開発されているため、元々は英語のソフトで、各国から翻訳者を募り、提供された翻訳を一つのソフトに統合する形で、何十もの言語に対応する一つのスクリーンリーダーとして作られています。

日本では、NVDA日本語チーム (代表 西本卓也氏) が、NVDAを日本語に翻訳したり、日本語特有の読み上げや漢字変換などに対応するように機能を付け加えたりなどをして、NVDA日本語版としてNVDA日本語チームから配布されています。

無料で配布されるNVDAには、視覚障害の方が晴眼者と同じコストでパソコンを使えるようにしたいという開発者お二人の思いに加え、一般のソフトやホームページがスクリーンリーダーを用いて十分に使用出来るかどうかをチェックするツールとして使ってもらい、世の中のソフトやホームページが視覚障害の方にも使いやすいものになってほしい、という、日本語チーム代表の西本氏の思いも込められています。

NVDA日本語チームのホームページはこちらです。NVDA日本語版のダウンロードもこちらから出来ます。

http://www.nvda.jp/

筆者はNVDA日本語チームに属しており(メーリングリストに参加して入れるチームです)、居住地近傍(東京都八王子市近辺)にてNVDAの概要説明とデモンストレーションを行えるように準備していく予定です。その際、お問い合わせ先もこのブログに掲げたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中