スキャナ・プリンタ選定の難しさ

 スキャナ・プリンタは、視覚障害者にとって重要なパソコン周辺機器だと筆者は考えています。スキャナは、紙に書かれている内容を読み取って、画像データにします。OCR (Optical Character Recognition) ソフトを入れれば、紙に書かれた文字をテキストデータに変換出来る可能性があります (正確に読み取れるかどうかはまだ様々のようです)。QRコード読み取りの可能性については、以前このブログでも記載したとおりです。プリンタは、文書を紙に印刷します。紙に直接筆記することが難しい視覚障害者にとっては、スクリーンリーダーを用いて作成した文章を、紙に印刷出来るのは、とても便利なのではないかと思います。

 しかし、スクリーンリーダーを用いて使用可能なスキャナ・プリンタの選定には、独特の難しさがあると筆者は感じています (スキャナ・プリンタに限らず、周辺機器一般に言えることかもしれませんが)。

 スキャナ・プリンタを使用するには、使用する機種専用のドライバが必要です。また、その機種専用のユーティリティソフトが用意されていることもあります。各機種には、使用出来るパソコンやOSについての情報はありますが、スクリーンリーダーに対応しているかどうかの情報はありません。筆者がTwitterやメーリングリストを閲覧していての感触ですが、スクリーンリーダーで使用出来るかどうかは、実際にソフトをスクリーンリーダーで動作させてみるとどうなるか、という情報を、ソフト一個一個について調べてみないと、よくわからないと思っています。

 そして、それらのドライバやユーティリティソフトがスクリーンリーダーでどのように使用出来るかを調べるためには、実機を接続する必要があります。ドライバ等のインストールを完了するためには、実際にプリンタなりスキャナなりを接続しなければならず、実際に機器を買わないと、使えるかどうかわかりません。動作環境として提示されているPCなり、OSなりを満たしていれば使える、と、晴眼者は安心して買えるのですが・・・。試しにスクリーンリーダーのインストールされたPCで実機を試用させてもらえないか、家電量販店に依頼してみましたが、出来ないそうです。今思えば、ドライバーのライセンス的にも当然のことだったかもしれませんが・・・。何か良い方法はないものか、と思います。

 ちなみに、自宅にあるプリンタ・スキャナ複合機について、ドライバとユーティリティソフトをスクリーンリーダーNVDAで使用してみました。複合機本体に画面と操作ダイヤル、OKボタン、コピーボタンなどがあります。
 印刷については、スクリーンリーダーで問題なく読み上げます。インク切れも、インクの色まで音声になりました。
 スキャンは難しく、本体のダイヤルでスキャナに切り替えるか、パソコンからユーティリティソフトを使用するかいずれかの方法があるのですが、本体のダイヤルを操作しても本体画面の表示が変わるのみ、ユーティリティソフトでは、キーボードでメニューの選択が出来ず、マウスを使用しなければならず、「PDFに保存」と読む箇所(アイコン部分では読まず、アイコンの下の文字を指さないとなりません)が小さいため、画面が見えない状態ではとても探し出せませんでした (パソコンの輝度を0にして試してみました)。この箇所さえ探し出せれば、次の画面はキーボードで操作出来るのですが・・・。

 スクリーンリーダーでのアクセシビリティについて希望することを順に書くと、「メーカーにはソフトをスクリーンリーダーで使用出来るように作ってほしい」「サポートに問い合わせをしたら、スクリーンリーダーで使用出来るかどうかを調べて教えてほしい」「誰か他にスクリーンリーダーで使っている人がいたら使い心地を教えてほしい」となると思いますが、現在は三番目が現実的であるように感じています。これからもスクリーンリーダーユーザーが活発に情報発信・情報交換して、この状況がもっと変わって行ってほしい、アクセシビリティへの配慮がもっと一般的なものになって行ってほしいと、切に願います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中