物を机の上に置いて簡単に写真が撮れるかもしれない方法

ネットワーク、SNSが手軽に使えるようになり、カメラで写した画像を遠くの人に送って見てもらうということが可能になりました。それでも、視覚障害の方が、見てもらう物をカメラに収めるのはなかなか大変です。そこで、これを使うのはどうかと思いつきました。

キングジム デスクショット DK800
http://www.kingjim.co.jp/sp/dk800/

(画像が主のページですが、代替テキストにイメージ上の文字の内容が入っているようです)

実は実物を家電量販店で見たことがあって、書類のスキャン用に便利そうだと思ったことがある物です。

棒が少し斜めに立てられて、一番高い所が少し横に飛び出していて、下向きにカメラが取り付けられています。机の上に置くと、カメラが机の上を見下ろす感じになり、机の上に置いた物を写すことが出来ます。A4の紙がカメラの視野に入るので、物の位置を細かく合わせなくても、写真を撮ることが出来ます。撮りたい物もカメラも固定されているので、手ぶれもありません。

どの位置に置くとA4の書類が全部カメラの視野に入るかというガイドとなる治具はなく、カメラ画像をパソコンでプレビューして物の位置を合わせます。ここは視覚障害の方自身には使いにくくなる要素かもしれません。A4の書類をスキャンするには、やっぱりフラットベッドか、オートフィーダーのあるスキャナが便利です。

なので、遠くにいる人に何かを見てもらうことを主目的にして、次のような使い方が便利ではと思います。

視覚障害の方のデスクショットをつないだパソコンを、遠くにある晴眼者のパソコンから、TeamViewerのリモートコントロールで操作して、デスクショット専用のプレビューと撮影ソフトを使うことにします。晴眼者はリモートコントロールを通して、プレビューソフトにより表示される画像が見られるし、マウスで操作をすることも出来ます。このプレビュー画面を見ながら、写したい物をどちら側へ動かせば良いかを指定出来ます。プレビューはおそらく動画のようになっているのと、画像解像度もあまり細かくないと思われるので、プレビューで位置を決めたら、写真を撮ります。

撮った写真は、ペイントなどの画像処理ソフトを使えば、拡大して見ることも出来ると思います。撮った写真の中にある物の文字を読んだりするのに便利ではと思います。

立体の物を撮影した時のオートフォーカス具合や、専用ソフトのスクリーンリーダーでの操作、写真解像度など、ぜひ実機で試してみたいものだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中