NVDAで使いやすいMIDIシーケンサーソフト QWS

この記事は、Webじゃないアクセシビリティ Advent Calendar 2016 の12月6日分です。

Andre Louis氏の作成したMIDIシーケンサーソフトQuick Windows Sequencer (QWS)は、二種類のスクリーンリーダーで動作確認がされているため、スクリーンリーダーNVDAで全ての機能を使うことが出来る、アクセシブルなソフトです。

筆者はこのソフトの日本語変換用ファイルを作成し、ソフト作者から許可を得て、NVDAヘルプデスクで公開しています。
詳しくは、QWSのページ、NVDAヘルプデスクのページをご覧下さい。

QWS
http://www.andrelouis.com/qws/

NVDAヘルプデスク
Quick Windows Sequencer (QWS) 日本語化ファイルを公開
http://nvda.help/archives/440

QWSで、音楽再生、作成を楽しむ 第1回 QWSとは
http://nvda.help/archives/470

このソフトでは、MIDIデータの編集、パソコンのキーボードや MIDI キーボードで弾いたメロディーをMIDIデータとして記録、複数トラックの記録(16トラックまで)が出来ます。
使い方の詳細は、NVDAヘルプデスクにて記事を公開しています。

アクセシブルなソフトはどんな物かを知りたくなったら、アクセシブルな方の一つとして、NVDAと共にお試しいただければと思います。Altメニューを全て読み上げ、よく使う機能にはショートカットキー、などの特徴があります。マウスのみを前提とした操作はありません。全てのコントロールをキーボードから操作出来ます。

今年出会った、二大アクセシブルソフトの内の一つです。
(もう一つはScanSnap Manager、Webじゃない Advent Calendar 2016 12月2日分 参照)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中