NVDAで使うQWS in 西八王子ARTinn 開催のお知らせ(開催しました)

(追記) 2017年5月13日に開催しました。当日の模様の録音を、陸さんが聞きやすく編集してくれました(約130MB ZIPファイル) ファイルはこちら

(以下は募集時のお知らせ)

視覚障害の方が音楽を楽しむ工夫をいっぱいに詰め込んでご紹介するイベントを開催します。扱うテーマはDTM(デスクトップミュージック・QWS)、シンセサイザー(KROSS)、音声で歌詞を案内するオリジナルカラオケです。

日時: 2017年5月13日(土曜日) 13:30-16:00
場所: 西八王子ARTinn  https://www.facebook.com/ARTinn.0426/
〒193-0832
東京都八王子市散田町5-12-2 2階
費用: 飲食代、チャージ300円、講師料1000円(ゲスト講師参加の場合)
主催、講師: 野々垣 美名子 (NVDA日本語チーム、NVDAヘルプデスクメンバー 会は個人での開催です)
ゲスト講師: 音羽ざくろ氏にお越しいただける予定です。

当日の流れ
13:00 JR中央線西八王子駅改札口集合 会場まで誘導いたします。誘導員が少なく申し訳ないのですが、信号を渡らず歩道橋を渡ってご案内出来ると思います。
バス乗車
13:30前後 会場到着 会開始
16:00前後 会終了 会場を出ます
バス乗車
16:30前後 西八王子駅改札口解散

参加申し込みの方は、
minakonono3519アットgmail.com
まで、メールを下さい。(アットを@に変更して下さい)
お電話の場合は、090-7186-4265までご連絡下さい。
(出られない場合がありますので、留守電に5月13日のイベントの件である旨と折り返しのご連絡先を残して下さい)
ツイッターでも構いません。(アットMina_Nono)

会の内容
1 NVDAで使うQWSのご紹介
QWS(Quick Windows Sequencer)は、視覚障害当事者が、スクリーンリーダーで使えるMIDIシーケンサーをご自身で作ったソフトです。そのため、スクリーンリーダーとキー操作で全ての機能が使えることが大きな特徴になっています。
MIDIは、音の高さ、長さ、強さ、音色などをデジタルデータで表したものです。パソコンにピアノのような鍵盤の形をしたMIDIキーボードをつないで弾いて、QWSを使って録音が出来ます。録音は16トラックまで重ねることが出来ます。MIDIデータですので、録音後に全部の音の高さを変更したり、テンポを変更したり、トラックの音色を変えたりなどを、自由に、自然に行うことが出来ます。楽譜を書くようにメロディーを入力することも出来ます(打ち込み)。

2 KORG KROSSのご紹介
視覚障害の方がどのようにしてシンセサイザーを使えるかという情報は、あまりネット上で紹介されていません。KORG KROSSは、主催者が視覚障害の方が使いやすいシンセサイザーの候補として独自に選定した機種です。音色が豊富で切り替えやすいこと、様々な機能が一台に入っていること、比較的安価であること、イベントで紹介しやすいように軽量であること、という特徴があります。さらに、乾電池だけで駆動出来るという特徴もあります。機能としては、様々な音色、あらかじめ音色やリズムが組み合わされた自動伴奏、MIDIシーケンサー機能(16トラック)、オーディオ録音機能、マイク入力、ライン入力機能などがあります。

3 歌詞音声案内オリジナルカラオケのご紹介
カラオケは、画面に歌詞が表示されて切り替わるため、歌詞を覚えていなくても気楽に歌って楽しむことが出来ますが、視覚障害の方の場合、画面の歌詞を読むことが難しいです。点字の歌詞カードを読みながらという方法もありますが、まだあまり点字を早く読めない人の場合はやはり難しいです。
そこで、歌詞がメロディーより少し前のタイミングで読み上げられ、それを聞きながら歌うことが出来たら良いと思い、そういう形の音声データの作成を試みました。
KROSSのオーディオ多重録音を利用したり、ICレコーダーに分岐ケーブルをつないで録音したりも試みましたが、最も楽に出来るのはAudacityというフリーソフトを利用する方法でした。
Audacityを利用すると、伴奏のトラック、歌詞のトラック、ガイドメロディのトラック、ガイドボーカルのトラックと、トラックを分けて録音出来、それぞれ左右どちらのスピーカーから音を出すかや、それぞれの音量を自由に変更することが出来ます。
例えば、歌詞を左のみ、伴奏を右のみに分けて、歌詞はヘッドホン、伴奏はスピーカーで鳴らすことにより、歌う人だけが歌詞の読みあげを聞き、歌を聴く人は伴奏と歌っている人の歌を聴く、ということが可能です。
Audacityの他には、MTR(マルチトラックレコーダー)を使用する方法があり、ゲスト講師に参加いただけた場合には、こちらの方法もご紹介予定です。

使用予定機材
HP Elitebook (パソコン 使用ソフトはNVDA、QWS、Audacity)
Vaio duo 11 (パソコン)
KORG microKEY (MIDIキーボード)
KORG KROSS (シンセサイザー)
YAMAHA MOXF8 (シンセサイザー お店の物をお借り出来る予定です)
Olympus DM-4 (ICレコーダー 音声読み上げ付き機種です)

関連リンク
QWS (英語ページ)
http://www.andrelouis.com/qws/

KORG KROSS
http://www.korg.com/jp/products/synthesizers/kross/

歌詞音声案内カラオケデータ例(練習用) (Tear with Smile / 音羽ざくろ)
https://www.dropbox.com/s/1qh7r9v7ugzwcv6/tear%20with%20smile.mp3?dl=0

歌詞音声案内カラオケデータ例(本番用) (Tear with Smile / 音羽ざくろ)
(左に曲と歌、右に歌詞読み上げが入っています。ヘッドホンでお試し下さい)
https://www.dropbox.com/s/qpx2h2gyv3zzmtq/TearwithSmile%20luta%20rkashi.wav?dl=0

NVDAヘルプデスク
http://nvda.help/

音羽ざくろ氏プロフィール
http://zakuroforestmusic.web.fc2.com/

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中